• HOME
  • HOME
  • How To
  • 宅配買取の箱詰めはどうやるの?簡単おすすめ方法をご紹介!

宅配買取の箱詰めはどうやるの?簡単おすすめ方法をご紹介!

How To

リファスタの宅配買取は、自宅にいながら”簡単”に買取サービスが受けられ、送料無料・キャンセルOKなのも魅力的。

ブランドのバッグや靴、洋服を査定してほしい!と思っても、、、「どうやって送るの?」といろいろと迷ってしまう方も多いはず。

配送中に傷んでしまったり、形が崩れてしまわない梱包のし方にはいくつかコツがあります。

そこで今回は、宅配買取の簡単な箱詰めの方法をご紹介します。

どのくらいの大きさがベスト?

「どのくらいの箱を用意したらいいの?」と悩む方が多い商品を送る際の箱。

実は、大きさの指定や基準はなく、ご自宅にある通販などのダンボールでOK。

コンビニやスーパーで貰える、お菓子やみかん箱程度の大きさが使われることも多いです。

宅配買取の梱包は、ダンボール以外にも紙袋に入れても発送することができます。

商品が小さく少ない場合などにおすすめです。

雨などに濡れないよう、商品をビニール袋に入れてから、さらに紙袋に入れると簡単に梱包することができます。

ただし、紙袋はダンボールほどの厚みがないため、破損しやすい中身の場合は、新聞紙やプチプチなどの緩衝材でしっかりと梱包するようにしてください。

余分なスペースがなくなると中で荷物が動かないため破損を防ぐことができます

また、ショップの紙袋に包んだ場合は、手提げの紐を内側に折り込んで、端から端まで粘着テープでしっかりと封をしましょう。

段ボールや梱包資材がお手元にない場合には、無料で送ってもらえる「宅配キット」を取り寄せましょう。

リファスタの宅配キットサイズ

宅配キットは、数種類の段ボールや封筒が用意されているので、送りたい品物によって選べて便利!

公式HPでは入る容量の目安も説明されています。

ブランド品の梱包の仕方は?

ブランドのバッグや靴、洋服を梱包する場合は、化粧箱や収納袋、ギャランティーカードがあれば商品と一緒にダンボールに入れます。

箱や袋がない場合は、傷み防止のためにビニール袋などに入れて保護しましょう。

パテント(エナメル)素材はビニール同士でくっついてしまい、素材を傷める恐れがあるので、無地の紙製の袋や緩衝材がおすすめです。

バッグは型崩れしてしまうと査定額が下がってしまいますので、できるだけ物を重ねないように入れましょう。

ダンボールの間にすき間が空いたときは、新聞紙を丸めたもの等で埋めてください。

ジュエリー・貴金属の梱包の仕方は?

細かいジュエリーやアクセサリー・時計は衝撃を受けるとケースが割れてしまったり、壊れてしまう可能性があるので、より気をつけなければなりません。

購入した時の箱が残っている場合は、箱に入れて送ることで衝撃から守ることができます。

箱に入れても、中で商品が動いてしまう場合は、新聞紙を丸めたものや緩衝材などを詰めて、できるだけ中身を動かないようにさせることが大切です。

もしオリジナルの箱がない場合は硬めの素材でサイズが合った箱を選びましょう。

洋服やバッグと一緒に送る場合には、小さいパケに入れて洋服やバッグの間に入れることで、隙間なく送ることもできます。

ご利用方法はこちらから。

今回は、宅配買取の簡単な箱詰めの方法をご紹介しました。

中身のサイズや種類によって、ダンボールのサイズや紙袋を選び、なるべく隙間のないようにして商品を衝撃から守ることがコツです。

分からないことや不明点にはチャットやLINEで応えてくれるサービスもあり。

リファスタHP

相談しながら、やってみるのもおすすめです。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧