ルイヴィトンのモノグラムミニクロワゼットは内張り人気でラインに!

LOUIS VUITTON

モノグラムミニランクロワゼットラインは、元々ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のトランクに使われている内張りが評判を呼び商品化されたデザインです。

紅白やベージュのストライプと共にあしらわれたモノグラムのロゴは可愛らしくて人気が爆発。

バッグ以外にも様々な商品に起用され、世の女性の心を掴んだのです。

内張りにしておくにはもったいないと声を上げたファンの気持ちがよく分かる、柔らかさとスタイリッシュさの融合は一見の価値あり。

モノグラムミニクロワゼットの魅力

これまでのレザーブランドが重きを置いていた、高級感を打ち破る柔和なライン「モノグラムミニランクロワゼット」。

バッグ以外にも、システム手帳やバンダナ、コインケース等ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)は様々な展開でファンの要望に応えています。

ポイント使いで取り入れやすい小物は特に人気となり、多くの女性が買い求めました。

現在でも貴重な商品として流通があり、ファンの心にアプローチしているラインです。

アジェンダPM クロワゼット(R20917/R20918)

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)のアジェンダPM クロワゼットは、14.5×10×2cmのシステム手帳です。

6穴式のバインダータイプで、カード収納が3つ付いています。

日本の用紙規格と海外の用紙規格が違っているので、リフィルは毎年専用の物が発売されています。

リフィルには日本の祝日が適用された物もあり、長く愛用することができます。

スピーディー クロワゼット(M95500/M95501)

スピーディ クロワゼットは、ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)が展開しているボストンバッグ。

30×21×17.5cmというサイズ感で、コロンとしていて愛嬌のあるデザインです。

カラーはルージュ(M95501)とベージュ(M95500)の2色で、女性受けの良い雰囲気が印象的。

多くの女性が好むストライプのデザインは、内張りから素材を変更してレザーに表現されています。

そのため、手入れがし易く汚れにくい仕様になっていて、長く愛用して頂けるのも魅力でしょう。

人気は今も継続しており、手に入りにくい希少なラインです。

モノグラムミニランクロワゼットの展開商品

ファンの声から誕生したモノグラムミニランクロワゼットライン。

上記以外にも多数の展開があります。

マリナPM クロワゼット(M95494/M95495)は2WAYのショルダーバッグで、荷物が多くても対応できる容量が魅力の商品。

キーチャーム(M95507)はルージュカラーが起用されている抽象的なモチーフが魅力です。

ポルトモネピエ ヴィエノワ クロワゼット(M95658/M95659)は二つ折り財布となっていて、取り入れやすいアイテムとして話題に。

他にもバンダナやコインケース等の展開があり、いずれも希少品扱いとなっております。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧