ロレックス/ROLEXの
高価買取価格・相場

ロレックス/ROLEXを売りたい方はこちら
ロレックス/ROLEXの価値がわかっていないお店に売るなんてもったいない!
リファスタがどこよりも高くお買取りさせていただきます。

>
ロレックス/ROLEXの買取価格・相場

ロレックス/ROLEXの取り扱いアイテム

今季・来シーズンのアイテムのみ可
発売より1年以内のアイテムのみ可

バッグ【買取対象外】
財布【買取対象外】
アクセサリー【お買取り可能】
時計【お買取り可能】
靴【買取対象外】
アウター【買取対象外】
トップス【買取対象外】
キャミソール、タンクトップ【買取対象外】
ボトム・ワンピ・オールインワン【買取対象外】
アンダーウェア【買取対象外】
レッグウェア【買取対象外】
帽子【買取対象外】
その他、アパレル雑貨【買取対象外】
子供服【買取対象外】
香水、コスメ【買取対象外】
金・プラチナ・シルバー製品【お買取り可能】
食器【買取対象外】
傘【買取対象外】

グレーのアイコンは現在お取り扱いしていないアイテムですが、お買取りできる場合もございます。
まずはLINE査定・無料メール査定にてご確認ください。
【創業年・創業者】1905年にハンス・ウイルスドルフが創業【所在地】スイス【ブランドの特徴】「ロレックス/ROLEX」は最も資産価値の高い腕時計として知られる、高級時計の代名詞的ブランドです。懐中時計が主流だった創業期にはすでに「時代は腕時計を求める」という確信していた先見性が今日のロレックスブランドの反映の礎となっています。当時はまだ動きの激しい手首にはめて正確な動作を保証するムーブメントがなかったため腕時計の開発につとめました。その成果として牡蠣のように堅固なケース「オイスターケース」自動巻機構「パーぺチュアル」日付切替機能「デイトジャスト」の三大発明を生み出し、現在もロレックスウオッチに受け継がれています。機能面だけでなく時代を超えて受け入れられる普遍性のある美しいデザインも魅力。驚くことに多くのモデルが前世紀、あるいは第二次世界大戦前に誕生しており、モデルチェンジを繰り返しさらに洗練さを増しています。特にオイスターケースのデザイン性の高さは時計界のレジェンドとなっており、オメガやオーデマ ピゲ、セイコーの時計デザインを手掛けてきた天才デザイナージェラルド・ジェンタが「ロレックスのオイスターウオッチのデザインの作者でありたかった」ともらしたことは有名。【人気アイテム】スポーツウオッチ「デイトナ」「エクスプローラー」「GMTマスター」「ヨットマスター」ドレスウオッチ「デイトジャスト」「デイデイト」「チェリーニ」など【最近の動向】毎年バーゼルワールドで新作発表が話題となるロレックス。2019年には「GMTマスター」が登場。オークション関係では2017年俳優ポール・ニューマン愛用「デイトナ(1963年モデル。流通数はわずか2000本程度)」が時計の史上最高金額20億円で落札されたことは大きなニュースとなりました。 経営面では2013年からショパール、ゼニスと一流ブランドの責任者を歴任してきたジャン・フレデリック・デュフール氏がCEOをつとめています。【公式サイト】https://www.rolex.com/ja

ロレックス/ROLEXの買取実績
最新の買取実績を一部公開中

頭文字からも検索できます。
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

該当件数77