旅行に欠かせないルイヴィトンの定番アイテム「ボストンバッグ」

louisvuitton_boston_bag_series
LOUIS VUITTON

ルイヴィトン(LOUIS VUITTON)は、ハンドバッグや財布が出回るより以前に旅行に使用するためのトランクが登場しています。トラベルバッグの1つとして安定の人気と利便性を誇り、これまでにいろいろなバッグが登場しています。

今回ご紹介する「ボストンバッグ」は、ルイヴィトンの歴史そのものを継承したアイテムです。「キーポル」や「スピーディ」、「キーポル・バンドリエール」など現在のボストンバッグの定番ともいえるシリーズは、たくさんの旅行者やビジネスマン・ビジネスウーマンに支持されています。

本記事ではルイヴィトンのボストンバッグの特徴や種類、シリーズごとの違いなどについて各々の魅力をご紹介します。

旅行用の中・大型サイズ鞄「ボストンバッグ」

louisvuitton_boston_bag_colorful

andersphoto / Shutterstock.com

ルイヴィトンが世界で最初の旅行用専門のお店を開いた1854年のこと。それ以降、世界的に有名な旅行用手提げバッグとしてボストンバッグを代表する「キーポル」のシリーズ(1924年~)が誕生します。

さらに、「キーポル」(当時は「エクスプレス」(express)という名称)のデザインを元に作られたのが1930年発売の「スピーディ」(Speedy)です。

たくさん荷物を手元のバッグに入れて運びたいという時に使い勝手が良い感じですね。ラインも自由に選べるからブランドにこだわりのあるルイヴィトンファンの方にも幅広く旅行などにお使いいただけます。

代表的なボストンバッグ2種

まず、ボストンバッグとして名前が挙がるのは「キーポル」と「スピーディ」の2種類です。これらのシリーズが発展・変化して、現在のボストンバッグの基礎を作っています。

2015年前後にはモノグラム、ダミエ、エピなどが主流となり、以下の代表的なキーポルシリーズが販売されます。

【キーポルシリーズ】
・「モノグラム キーポル45」(M41428)
・「モノグラム キーポル50」(M41426)
・「モノグラム キーポル55」(M41424)
・「モノグラム キーポル60」(M41422)

・「ダミエ キーポル50」(N41427)

・「エピ キーポル45 ノワール」(M59152)
・「エピ キーポル45 ルージュ」(M5906E)
・「エピ キーポル55」(M59142)

また、「スピーディ」は「キーポル」と比較して、名前の通り速さを追求したタウンユースを目指すボストンバッグです。

キーポルを元にデザインしているため、外見上はとても似ています。しかし、サイズは1~2まわり小さいものとなっていて、収納力の代わりに手軽に持ち運べる機動性がウリです。

【スピーディシリーズ】
・「モノグラム ミニスピーディ」(M41534)
・「モノグラム スピーディ25」(M41528)
・「モノグラム スピーディ30」(M41526)
・「モノグラム スピーディ35」(M41524)
・「モノグラム スピーディ40」(M41522)

・「ダミエ スピーディ25」(N41532)
・「ダミエ スピーディ30」(N41532)
・「ダミエ スピーディ35」(N41523)

・「エピ スピーディ25 ルージュ」(M5903E)
・「エピ スピーディ25 ミルティーユ」(M43015)
・「エピ スピーディ30」(M59022)

・「マルチカラー スピーディ30 ブロン」(M92643)
・「ノマド スピーディ30 ノワール」(M85392)

「キーポル」は名前が時代とともに変化!

「キーポル」の名称は多岐にわたり、その変更が何度も行われています。

例えば、当初は収納容量が優れていることから「Tientout」(フランス語の訳:全て収納する)でしたが、後に現在のシリーズ・商品名である「Keepall」(「Tientout」と同じ意味で「キーポル」と読む)に変化しているボストンバッグでしょう。

「キーポル・バンドリエール」の登場

ルイヴィから1959年にモノグラムキャンバスが発表されたことで、トアル地を使った丈夫で軟らかい加工レザーをバッグに使えるようになります。

ソフトバッグにする技術は発展を続け、1960年代の「キーポル・バンドリエール」というレザーストラップつきボストンバッグの登場にも貢献しています。

「キーポル・バンドリエール」は「キーポル」のボストンバッグにショルダーストラップの取り外しが可能となったシリーズ商品のことです。

ボストンバッグの源流となった「キーポル」だけでなく、2011年には「スピーディ」でも「スピーディ・バンドリエール」が作られるなど進化を続けています。

「キーポル」「スピーディ」以外のボストンバッグ

代表的なボストンバッグ2種以外にも現行商品にはさまざまなデザインのボストンバッグがあります。

「アストラリス」(M50277、M50279)
レザー表面のツヤが特徴的なレデォースのボストンバッグです。カラーはガレやマグノリアの2つがあり、ストラップを肩にかけて荷物を運べる軽量タイプでしょう。

「ロードスター50」(N48189)
メンズ向きのカラーに大容量のボストンバッグとして使える旅行用のアイテムです。ファスナーが前面のふたを上下に開閉する独特な形状で、CDプレイヤーのような形態がオリジナリティを感じさせます。

ボストンバッグとハンドバッグの中間に位置する小型のバックも数多くあり、旅行の荷物運搬にそのまま使うものやバッグインバッグとして使うミニサイズバッグにしたものまで用途は多岐にわたるでしょう。

それでは、ルイヴィンのボストンバッグ(「キーポル」や「スピーディ」などのシリーズ)はこれほどまでに人気があるのでしょうか。次に紹介する4つの特徴とあわせて説明しますね。

ルイヴィトン製「ボストンバッグ」の4つの特徴

louisvuitton_boston_bag_3

Aiman Khair / Shutterstock.com

横長の長方形フォルム

第一に、ボストンバッグは全体的な特徴として、横長の長方形をフォルムとしています。

角ばった旅行バッグはシリウス・シリーズなどがありますが、ボストンバッグの「キーポル」や「スピーディ」は端の角が丸みを帯びていて、円柱を半分に切った形状をしています。

正面からは、底を中心にして円を描いたような形です。横から見た場合は、底が広くファスナーの頂点に向かうにつれてカーブで幅が狭くなっていくのがわかります。

内部の収納性は十分に確保されていて、内ポケットが複数あり、機能性も充実しているのは嬉しいポイントですね。

マチの幅が広い

ボストンバッグには共通している特徴の一つに底のマチが広いというのがあります。

通常のハンドバッグやキャリーバッグとは違い、衣類や日用品などのアイテムをたくさん収納できる工夫がされているのです。

また、表面を硬くしないことで、バッグの使用後に別の旅行バッグの中に形状を変えて収納できるという柔軟性も兼ね備えているのです。

そのため、バッグが複数必要な場合に旅行先で荷物を下ろして、その後にバッグが邪魔になることがありません。荷物を下ろした時も形は維持しつつ底がしっかりと支えてくれるのも嬉しいポイントでしょう。

ダブルファスナーが基本

荷物の出し入れが簡単にできるようにルイヴィトンのボストンバッグではダブルファスナーを使ったものが多く製品化されています。

どちらの端からでも開けられるため、口を全開しなくても必要な荷物をその場で取り出せるというメリットがあるでしょう。

ただし、スピーディシリーズのように片側のファスナー構造の商品もあるため、ダブルは絶対ではありませんが、大口には最低1つのファスナーを使用していますね。

防犯性能がしっかりしていて、うっかり荷物の一部を落とすこともないので安心ですね。

両側のハンドルとショルダーストラップ

ボストンバッグとして作られ始めた際に、両端のレザーハンドルが付属しているのが特徴。しかし、後に利便性などを考慮したショルダーストラップ取り外し可能なボストンバッグも販売されます。

旅行用手提げ鞄としてのイメージだけでなく、肩にかけるスポーティなバッグもボストンバッグとして利用者の間には浸透しているのです。

片手や肩など持ち運び肩をシチュエーションによって変更できるのは嬉しいポイントですね。

使い方やおすすめシーン

louisvuitton_boston_bag_speedy

Aiman Khair / Shutterstock.com

ルイヴィトンのボストンバッグは、高い収納力と持ち運びのコンパクトさを兼ね備えているため、仕事の出張や観光・旅行、買い物などの普段使いとしても利用できます。特に旅行の大荷物を運ぶ必要がある場合に本領を発揮するでしょう。

ラインはモノグラムやダミエを選べるため、女性にとってはファッションを選びつつ旅行用のボストンバッグ商品を選ぶ使い方もできます。

カジュアルな装いや仕事に必要なセミフォーマルな服装など、カジュアルなバッグだけでなはいボストンバッグの選択も可能でしょう。

流通しているモノグラムにもっと変化を付けたいという方は、定番のモノグラムやダミエではなく、エピラインやマルチカラーなどを使ってみるのも良いですね。

他のブランドアイテムとあわせてボストンバッグの中にしまえるハンドバッグや財布なども合わせて選んでみればファッションの面からも統一感が際立つでしょう。

旅行に便利なルイヴィトンのボストンバッグ

今回はルイヴィトンのアイテム「ボストンバッグ」について特徴やその種類、使い方などについて取り上げました。

旅行にセレクトしたいボストンバッグは収納に優れたものが多く、形を変えられる柔軟性もあるため、さまざまな場面で活用できます。

普段から旅行に出かける方やちょっとした外出で日帰り旅行をするという方にもサイズやデザインを選び抜くことでベストなボストンバッグを手に入れることができるでしょう。

人気ブランド商品をお買い得価格で販売中!


リファスタでは、品質の高い綺麗なリユース商品をお手頃な価格で販売しております。

汚れやホコリは丁寧に落とし、綺麗な状態にしてから出品。著しいダメージのある商品はお取り扱いしていないのでご安心ください。
また、ジュエリーに関しては、提携工房の研磨専門職人の手で一点一点丁寧に磨き上げ、新品の状態に仕上げてから出品しております。

この機会に、リファスタのリユース販売をぜひチェックしてみてください!

オンラインショップはこちら

リユース販売の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

>>私たちの取り組みについて

不要になったアイテムを売るなら今が売り時

リファスタでは、少数精鋭の鑑定チームが、貴金属・宝飾品・ブランド品を1点1点心を込めてお買い取りしています。

店頭での査定はもちろんのこと、全国対応の宅配買取も承っております。

お客様にご負担いただく料金はなく、査定後のキャンセルは1点からご返却可能ですので、“ 使わないかも… ”と思ったお品物がございましたら、まずはお試し感覚で気軽にご相談ください。

無料査定・ご相談はこちら

無料宅配買取はこちら
LINE査定はこちら
メール査定はこちら

▼この記事についてのお問い合わせ先

リファスタ【金・宝石・ダイヤ・ブランド品買取】
https://brandkaimasu.com/
東京・池袋 / 営業時間11:00~18:00(年中無休)
0120-954-679
▼店頭買取・店舗アクセス▼
https://brandkaimasu.com/accessmap/

ituki55

2,116 views

洋服やバッグのブランドが好きで流行のものから昔のアイテムまで集めています。財布や小物のように実用的なものも素材やつくりがしっかりしているのを選ぶことも多いで...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

Refasta楽天市場店
中古ルイヴィトンを格安で販売