3大発明を搭載したロレックスを代表する腕時計 デイトジャストの魅力

リファスタ

高級時計ブランドとして圧倒的な知名度と人気を誇る「ロレックス」のスタンダードなモデル「デイトジャスト」。

正式名称は「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」です。

ロレックス」の中でも「コスモグラフ デイトナ」や「サブマリーナ」のスポーツモデルが注目を浴びる一方で、もっとも「ロレックス」らしいシンプルなデザインの「デイトジャスト」は、75年以上の超ロングセラーの腕時計として安定した人気を博しています。

今回は、「デイトジャスト」が最も「ロレックス」らしいと言われる所以とその魅力をご紹介します。


デイトジャストの誕生

ブランド創設40周年を迎えた1945年に発表した「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」。

ロレックス」の三大発明の機能を全て搭載した「デイトジャスト」はまさに当時の「ロレックス」の技術を結集して作られた実用的な究極の時計でした。


ロレックスの3大発明

chrisdorney / Shutterstock.com

デイトジャスト」を語る上で欠かせないのは「ロレックス」の3大発明について。現在では腕時計の当たり前の機能となり、数多くの腕時計に採用されています。しかし、この当たり前の機能を腕時計に定着させたことが「ロレックス」の大きな功績と言えます。そして3大発明を実用的なものとして具現化した初の時計が「デイトジャスト」です。

まずは「ロレックス」が成し遂げた最も偉大な功績である3大発明についてご説明します。


3大発明①オイスター

3大発明を年代順にご説明すると、一つ目は1926年に誕生した完全密閉の防水性を備えた世界初の防水腕時計のケースを開発したことです。この腕時計は「オイスター」と名付けられました。名前の由来は、「牡蠣のように固く閉ざされた頑丈で防水に優れたケース」という意味からです。

誕生と同年に、「ロレックス」はオイスターケースの特許を取得しています。

オイスター」の防水性と気密性の高さを世に知らしめた出来事は、1927年にイギリス人女性のメルセデス・グライツがドーバー海峡を「オイスター」を着用したまま10時間かけて泳ぎきったことです。過酷な環境にも関わらずその時計は問題なく動き続けたことで、「ロレックス」の時計の防水性能の高さは証明され、世界中に知れ渡ることになりました。


3大発明②パーペチュアル

2つ目は1931年に世界初の自動巻メカニズムを持ったムーブメント「パーペチュアル」を開発したことです。

それまでは数日おきに手動で巻き上げることが必要でしたが、「ロレックス」が自動巻き上げ機能を開発したことにより腕時計の利便性が大幅に向上しました。腕を振る動きだけでゼンマイが巻き上げられる為、身につける限り動き続ける永遠に止まらない実用的な自動巻ムーブメント「パーペチュアル」の発明は、当時の機械式腕時計の常識を覆すものでした。

現在では当たり前となっている自動巻ムーブメントを「ロレックス」が発明したことから、ブランドの偉大さを伺い知ることができます。

ロレックス」は「パーペチュアル」機構の特許を1933年に取得しています。


3大発明③デイトジャスト

3つ目は1945年に開発されたダイヤルの小窓に日付を表示する機能「デイトジャスト」です。3時の位置に小窓を作り、日にちを表したデザインで、0時になると日付が瞬時に変わる実用的な機能でした。

デイトジャスト」が開発される以前は、時間をかけて日付けを切り替えていた為、0時ちょうどに瞬時に日付けが変わるこの革新的な機能は大変画期的で実用性が高く、瞬く間に世界中から注目を浴びるようになりました。


3大発明を搭載した究極の時計

ブランド創設40周年を迎えた1945年に発表された「オイスター・パーペチュアル・デイトジャスト」は、3大発明の機能を全て搭載したまさに「ロレックス」の技術を結集して作られた究極の時計でした。

現在では、どのメーカーの腕時計にも当たり前のように採用されている3大発明の機能ですが、そのデザインと機能の原点となった時計が「デイトジャスト」です。世に出回っている時計の多くは「デイトジャスト」を真似て作られているといっても過言ではありません。

発売当初は男性用のみの展開でしたが、10年後には女性用も登場しています。現在では世界中の多くの女性から定番ドレスウォッチとして支持されています。


デイトジャストの特徴

続いて「デイトジャスト」のスペック・デザインについてご紹介したいと思います。


基本的なスペック

デイトジャスト」は一言で言うと、「ロレックス」の3大発明である防水性・自動巻・日付け表示機能を合わせ持つ機能的で実用的なスペックを搭載した腕時計です。

まず1つ目は、100m防水性能を誇る堅牢性と耐久性を兼ね揃えたオイスターケース。

そして自動巻ムーブメント。「デイトジャスト」は2015年に開発されたムーブメントCal.3235を搭載しています。Cal.3235は、1989年から搭載されていたCal.3135に比べてエネルギー効率を15%高めることに成功し、パワーリザーブは48時間から70時間に大幅に延長されました。3日間時計を動かさなくても針が止まらないので毎日時計を付けなくても針が止まらず、より実用的な腕時計に進化しました。また日付調整禁止時間のないデイト表示などの最先端の技術が投入されたムーブメントです。

3つ目の特徴は、文字盤の3時付近の小窓に瞬時に切り替わる日付け表示機能があること。3時の位置に小窓をつけたのは、ワイシャツの袖に腕時計が隠れても見やすい位置にという配慮からで、「デイトジャスト」の日常使いでの実用性の高さを裏づけています。

日付け表示機能には「デイトジャスト」が誕生した9年後の1954年に日付表示の拡大レンズであるサイクロップレンズが導入されました。サイクロップレンズはカレンダーの表示を約2.5倍の大きさに表示してくれる機能で、これにより「デイトジャスト」の視認性はますます高まりました。


デイトジャストのデザイン

TobiasD / Shutterstock.com

1945年に「デイトジャスト」の発売に合わせてこの時計の為に5連リンクのジュビリーブレスレットがデザインされました。

ロレックス」のプロフェッショナルモデルの3連ブレスレットに比べると高級感があり、エレガントでドレッシーなデザインが特徴的です。

ジュビリーブレスレットは中央に連なる細かなリンクが腕によりフィットして、快適なつけ心地を実現。素材はステンレスとゴールドの組み合わせのものが定番として知られていて、真ん中の3連リンクは鏡面仕上げとなっています。

縦縞に山型カットされたフルーテッドベゼルとジュビリーブレスレットの組み合わせが「デイトジャスト」の代表的なデザインコードとして広く認知されていますが、このデザインは全ての「デイトジャスト」に共通するわけではありません。ですが、「デイトジャスト」を象徴する最もアイコニックなデザインとして絶大な人気を博しています。他のバリエーションに関しては下記でご紹介しますね。

デイトジャスト」全てのモデルに共通していることは、可能な限り無駄な装飾を省いて腕時計としての機能を果たす視認性を重視したシンプルだけど、エレガントで高級感のあるデザインです。

ロレックス」の実用性を追求する姿勢がデザインに現れています。


バリエーションが豊富

Giongi63 / Shutterstock.com

デイトジャスト」は「ロレックス」の時計の中でも、最もバリエーションが多く展開していますので、性別・年齢を問わず、老若男女誰でも自分自身にフィットするモデルが見つかります。

腕の太さに合わせて、ケースのサイズをレディースモデルである28㎜、31㎜、メンズモデルである36㎜、41㎜から選ぶことが可能です。

デザインも、スムースベゼルと3連ブレスのスポーティなモデルから、ダイヤモンドがセッティングされたジュビリーブレスレットとフルーテッドベゼルを採用したエレガントなドレスウォッチモデルなどバリエーションがとにかく豊富です。スポーティなモデルは男性に、ドレスウォッチモデルは女性に人気が高いです。

素材は、オールステンレスのものやイエローゴールド、ホワイトゴールド、ステンレスと金無垢のコンビ、プラチナなど豊富に展開しています。価格帯も購入しやすいリーズナブルなものから、ダイヤモンドがセッティングされた華やかで高価格なものと幅広いです。生産が終了したモデルも入れると、その種類はなんと数百種類も存在します。

女性に最も人気があるモデルは、36㎜のフルーテッドベゼルに5連のジュビリーブレスレットの「デイトジャスト」です。60年代にまさに「デイトジャスト」の顔として人気を博したモデルは、2019年に復刻版の新作として発売され、人気を博しています。


デイトジャストの普遍性

budihartono1 / Shutterstock.com

デイトジャスト」といえば、36㎜のケースにエレガントなフルーテッドベゼル、5連のジュビリーブレスレットを採用したエレガントな腕時計を思い浮かべます。実用性の高い機能を装備した無駄がない実用的でかつエレガントな高級感のあるデザインが定番ですが、上記で述べたように素材やベゼル、ブレスレットのデザイン、ケースの大きさなどバリエーションが豊富です。

しかし「ロレックス」の腕時計全てに共通して言えることですが、「デイトジャスト」のデザインは発売から75年以上を経た現在でも、マイナーチェンジを繰り返しながら発売当時の実用的でシンプルであることに変わりはなく、大幅に変更され続けることなく継承されています。

それは、「ロレックス」巧みな戦略によるものです。「ロレックス」の腕時計は無駄を省いて視認性、実用性に優れた腕時計作りがポリシーで、故にシンプルで普遍的なデザインを一度生み出すと、同じモデルをブラッシュアップして大幅に変更することなく継続し続けます。それ故に世界中のユーザーに「普遍的で時を経ても変わらない価値がある腕時計」という認識を植え付けることに成功したのです。


まとめ

デイトジャスト」は「ロレックス」が展開している腕時計コレクションの中でも、75年以上の長い歴史があるロングセラー製品で、バリエーションが豊富に展開していることから最も世界中の老若男女に支持されている時計です。

ロレックス」の3大発明を全て搭載した実用性と視認性、機能性全てにおいて完璧で、世に出回っている腕時計のデザインや機能は「デイトジャスト」をベースに作られていると言っても過言ではありません。

ロレックス」の「デイトジャスト」の最大の功績は、腕時計の基礎を作りあげたことにあります。

そして、発売から75年以上経った現在でも大幅にデザインが変わることがなく、普遍的でスタンダードな存在であり、永久に変わらない価値を保証してくれます。

ロレックス」が展開している腕時計の中でも、比較的リーズナブルな価格で購入することができ、バリエーションが豊富なので自分にあったサイズや好みのデザインを選ぶことができるのも魅力です。

デイトジャスト」の豊富なバリエーションの中から、自分にマッチする運命の一本を探してみては如何でしょうか。

人気ブランド商品をお買い得価格で販売中!


リファスタでは、品質の高い綺麗なリユース商品をお手頃な価格で販売しております。

汚れやホコリは丁寧に落とし、綺麗な状態にしてから出品。著しいダメージのある商品はお取り扱いしていないのでご安心ください。
また、ジュエリーに関しては、提携工房の研磨専門職人の手で一点一点丁寧に磨き上げ、新品の状態に仕上げてから出品しております。

この機会に、リファスタのリユース販売をぜひチェックしてみてください!

オンラインショップはこちら

リユース販売の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

>>私たちの取り組みについて

不要になったアイテムを売るなら今が売り時

リファスタでは、少数精鋭の鑑定チームが、貴金属・宝飾品・ブランド品を1点1点心を込めてお買い取りしています。

店頭での査定はもちろんのこと、全国対応の宅配買取も承っております。

お客様にご負担いただく料金はなく、査定後のキャンセルは1点からご返却可能ですので、“ 使わないかも… ”と思ったお品物がございましたら、まずはお試し感覚で気軽にご相談ください。

無料査定・ご相談はこちら

無料宅配買取はこちら
LINE査定はこちら
メール査定はこちら

▼この記事についてのお問い合わせ先

リファスタ【金・宝石・ダイヤ・ブランド品買取】
https://brandkaimasu.com/
東京・池袋 / 営業時間11:00~18:00(年中無休)
0120-954-679
▼店頭買取・店舗アクセス▼
https://brandkaimasu.com/accessmap/

ピックアップ記事

関連記事一覧